貴金属の超・マル秘活用ガイド│オメガやロレックスが修理で一新

時計

憧れのロレックス

長く使うためにも必要です

時計

一般的に時計は精密機械の一つといえますが、ロレックスのような高級時計は特に精密で繊細な機械だといえます。どんな機械でもそうですが、適切なメンテナンスを施さないと故障してしまい正常に動かなくなります。 ロレックスの場合、通常3年から4年に一度くらいの頻度で定期的なオーバーホールが必要だとされています。全体を分解して細かく点検し、必要な清掃や修理を行わなければなりません。特にロレックスの場合は機械時計であることから古い油をきれいに取り除き、新しい油を注ぐ作業が重要とされています。 オーバーホールにかかる費用はロレックスの各モデルによって異なります。また、部品交換など修理状況によっても変わります。日本ロレックスに依頼した場合は大体5万円前後というのが相場だといわれています。しかし、最近は多くの専門ショップがロレックスのオーバーホールを手掛けています。同じ作業でもほとんどが2万円台というのが相場のようです。

それぞれにメリットがあるようです

日本ロレックスにオーバーホールを依頼した場合、メーカーが直接作業を行うことになるのである種の安心感が得られるようです。またメーカー保証もつきます。ただし、オーバーホールにかかる期間は長く、一か月以上かかるというのが一般的だそうです。また、費用も高めに設定されていると指摘されています。一方その他の専門ショップの場合、3週間程度という短い納期やメーカーの半額程度という価格設定の違いから、最近こちらを利用するユーザが増えているようです。 ロレックスのような高級時計の場合、メーカーにオーバーホールを委託するというのが以前の常識でした。しかし、最近の専門ショップにも同じレベルの修理技術を有する専門家が現れてきたことから競争状態にあるといえるようです。